このブログの評価は?

2011年11月3日木曜日

ヒューマニー通信 らくらく介護 第1号 ご利用者様の声③

『肌の赤みが消えたみたい』


東京都 Mさん(女性)
・年 齢: 78歳
・要介護度: 4
・主な介護者: ヘルパー

●尿量が多くて朝は大変でした
Mさんは、夜間の尿量が多いため大判の尿とりパッドを2枚重ねにして使っていました。それでも朝になると寝巻まで汚してしまうことがあり、夜間排せつケアには、いつも不安な気持ちで過ごされていました。
●安心して過ごせるようになった
新聞記事でヒューマニーを知り、ケアマネージャーと相談して導入しました。パッドの交換と機械の操作は主にヘルパーさんが行っています。尿量が多いため、寝ている間にタンクが一杯になってしまうこともありますが、タンクを交換するだけなら簡単なのでヘルパーさんにとっても便利です。 「朝、寝巻ごとおむつを替えるのは大変なんです。本人が嫌がって余計苦労になることもあります。今は その心配がないので、安心して過ごすことができます」
●肌にも良い影響が
肌にも良い影響が見られました。「訪問看護の方が言っていましたが、肌トラブルが無くなったみたいです。今までは濡れたままの状態で長時間いましたから、肌が赤くなってしまうことがあったんです」ヒューマニーを使い始めてから、朝の排せつケアや肌トラブルの心配が無くなり、安心して過ごされているようです。
 (取材協力:株式会社サカイ・ヘルスケアー)

0 件のコメント:

コメントを投稿